会員登録/修正
2019年 02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
今日
2019年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
   
[OWNER]

美味しい蜂蜜ができるまで

砂糖の代わりにお料理に使ったり、トーストやパンケーキに塗ったりと活用度も高い蜂蜜は、自宅にストックしておきたい食品の1つです。私たちの生活にとても馴染み深い蜂蜜は、人工では作ることができないということをご存知でしょうか。濃厚な甘みを持つ「蜂蜜」がどうやって作られているのかを紹介します。

美味しい蜂蜜ができるまで

【花蜜について】

蜂蜜を語る上で欠かすことができないのが花蜜です。植物の葉の部分では光合成が行われ、二酸化炭素からデンプンが作られます。作られたデンプンがショ糖となって、花びらにある蜜腺に溜まります。この蜜腺に溜まった甘い蜜が花蜜です。花粉交配の時期がくると、植物は花蜜を出して虫たちを呼び寄せます。働き蜂は花蜜を集めるために花から花へと飛び回り、この甘い花蜜をたっぷり吸って巣に帰っていきます。

【蜂が花蜜を変化させる】

花蜜を吸った働き蜂の体内では、インベルターゼと呼ばれる転化酵素が分泌され、花蜜は分解されて成分が変化します。花蜜を持ち帰った働き蜂は、巣で働いている蜜蜂に花蜜を託します。花蜜を受け取った蜜蜂の体内でもインベルターゼが分泌され、更に分解が進むことでショ糖からブドウ糖、果糖にまで分解されます。

【巣房で栄養価が加わる】

巣房に入れられた蜜は、貯蔵されていた花粉と混ぜられます。花粉に含まれるタンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素が蜂蜜に溶け込むことで栄養価がアップします。巣房に蓄えられてからも蜜蜂が羽で風を送り、巣の温度と湿度を一定に保ちます。このときに水分が蒸発し、濃縮されることでとろりとした糖度の高い蜂蜜になります。

【蜜房に蝋の膜ができたら採蜜のタイミング】

蜂蜜ができあがると、蜜蜂は蝋の膜で蜜房を密閉します。このタイミングで採蜜します。ちなみに1kgの蜂蜜を作るためには、働き蜂が地球6周分に匹敵する距離を飛ばなくてはなりません。栄養たっぷりの蜂蜜は、働き蜂の頑張りのおかげでできています。最後の1滴まで大切にいただきたいですね。

藤田養蜂園は国産蜂蜜専門店です。安心の国産蜂蜜を種類豊富に取り扱っております。国産蜂蜜の中で高い人気を誇るのが青森産のアカシアの蜂蜜です。見た目は薄い色をしていますが、味は濃厚でクセが少ないのが特徴です。お料理や飲み物などに幅広くお使いいただけます。通販でもご購入いただけますので、この機会に美味しい国産蜂蜜を召し上がってみてはいかがでしょうか。

ページトップへ