会員登録/修正
2019年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
2019年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
   
[OWNER]

蜂蜜の保存と結晶化

豊富な栄養素を含む蜂蜜は料理やお菓子だけでなく、健康食品・美容品でも人気があります。
昔から万能薬として重宝されており、老若男女に愛されている食べ物です。
そんな蜂蜜の保存方法でお困りの方も多いと思います。こちらでは蜂蜜の保存方法をご紹介します。

蜂蜜の保存と結晶化

蜂蜜の保存方法

【常温保存ができる】
多くの方が一度開封した食品が腐らないよう、冷蔵庫に保存すると思います。蜂蜜は基本的に腐りにくい食品です。そのため開封前・開封後ともに、18〜24度の常温保存が可能です。


【涼しい場所に保存する】

蜂蜜は日当たりが良い場所や、湿度・温度の高い場所に保存すると発酵することがあります。これが蜂蜜酒です。ですので、蜂蜜は直射日光の当たらない、涼しい場所に保存しましょう。


【不純物を入れない】

フタ・ビンの口に付いた水分が中に入ると発酵することがあるので、水分などはきれいに拭き取ります。また、蜂蜜にカビが生える恐れがあるので、使用済みのスプーンは使わないようにしましょう。


【ガラス容器に入れる】

使いやすいプラスチック容器ですが、結晶化した際に湯煎しづらいので、ガラス容器への入れ替えをおすすめします。フタとビンの間にラップを挟んでおくと、開け閉めがスムーズになります。

結晶化とは

常温保存が可能な蜂蜜ですが、13〜14度くらいの温度で白く固まり始めます。この現象を結晶化と言います。ザラザラとした舌触りが特徴で、そのままパンに塗ったり料理の隠し味に活用できます。ただ、蜂蜜が固くなりすぎている場合は、溶かすことをおすすめします。

結晶の溶かし方

暖かい場所に置いて溶けるのを待つ方法もありますが、より早く溶かすなら湯煎が一番です。鍋に水を入れ、フタを外してビンごと蜂蜜を入れます。50度前後の温度をキープしながら湯煎に掛け、かき混ぜながら結晶を溶かします。この際、少しでも結晶が残っているとまた結晶化するので、完全に溶かすのがポイントです。結晶が溶けたら涼しい場所で自然冷却させましょう。

結晶化した蜂蜜を見て腐ってしまった、品質・栄養素が変質したのではと不安に感じる方も多いと思います。 ですが、結晶化は蜂蜜本来の性質なので、安心して召し上がることができます。

藤田養蜂園では自家採蜜100%の国産純粋蜂蜜を、通販にてご用意しております。
天然蜂蜜のおいしさをぜひご堪能ください。

ページトップへ